teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


お久しぶりです

 投稿者:太郎  投稿日:2016年 2月22日(月)16時15分40秒
編集済
  義経様、お久しぶりです。お元気ですか?ストリートビューは凄いですよね。
寿都町内を散策できるなんて最高ですね。私もあちこち散策しています(笑)

5~60年前とはかなり町並みも変わっていると思います。
古民家が逆に昭和の佇まいを後世に残してくれると思いますので
立派な建物もこの先「どうかな?」・・が私の見解です。

「和」「港町」の雰囲気が年々減っていき、
ただの「田舎」にならなきゃいいのですが・・^▽^

雪が融けたら是非寿都町へ遊びに来ていろいろな話を聞かせて下さい。
ありがとうございました。

たつ巳のブログもあります。
是非ご覧下さい。↓

http://ameblo.jp/izakayatatumi/

 
 

風の便り

 投稿者:義経  投稿日:2015年12月25日(金)14時08分50秒
  久しぶり 寿都も本格的な冬を迎え冬眠の季節  最近Google のストリートビューで
寿都の街の中が 見えるように成りましたね  街の様子には  ビックリ 5~60年前の
イメージしか  無く 興味津々  祖父の家が写っているのには  驚き 海岸淵が防潮堤
になっているのが 残念  街の中が 近代化(半世紀以上立ったら当たり前よね)今住んで
居る自分の街より 綺麗になっているみたい 大都会も古民家だらけ最大の社会問題
雪が降らなきゃ 行って見たいものです。
 

寿都ホッケめし

 投稿者:太郎  投稿日:2013年12月28日(土)16時49分28秒
  「寿都ホッケめし」がLAWSONさんから販売されています。
皆さん、是非ご賞味下さい。

http://ameblo.jp/izakayatatumi/

 

たつ巳のうまいもん

 投稿者:太郎  投稿日:2013年 9月11日(水)02時40分2秒
  寿都のうまいもん!あるど~
皆様の御来店、お待ちしております。

http://ameblo.jp/izakayatatumi/

 

新年度

 投稿者:太郎  投稿日:2013年 1月21日(月)02時41分17秒
  2013年1月20日

皆様、本年も寿都食堂・居酒屋たつ巳を宜しくお願い致します。

http://ameblo.jp/izakayatatumi/

 

小女子が始まりました

 投稿者:太郎  投稿日:2012年 5月10日(木)01時32分49秒
  皆さん!春の風物詩、小女子漁が始まりました。
寿都の美味しいもん!そろってますよ~
皆さん、是非寿都町へお越し下さい。

http://ameblo.jp/izakayatatumi/

 

春ですね

 投稿者:太郎  投稿日:2012年 4月12日(木)02時33分7秒
  2012年度、4月、春です。
寿都食堂たつ巳、居酒屋たつ巳。
本年度も宜しくお願い致します。

掲示板ご利用の皆様の為に再度稼動いたします。
たつ巳ブログも宜しくお願いしまぁす!!

http://ameblo.jp/izakayatatumi/

 

(無題)

 投稿者:かめ  投稿日:2012年 2月24日(金)11時35分49秒
編集済
  ありがとうございます。  

たつ巳のブログ始めました!

 投稿者:太郎  投稿日:2011年 5月14日(土)02時20分52秒
  下記をクリック!!!

http://ameblo.jp/izakayatatumi/

 

寿都産 寿かき入荷!

 投稿者:太郎  投稿日:2011年 5月 3日(火)15時24分9秒
  やっと暖かい気温になりました。
みなさん!!GWは寿都へ


たつ巳の本日のお奨めはこちら↓


寿都産牡蠣 牡丹えび刺 やりいか刺 めばちマグロ刺 真つぶ刺
黒豚精肉串 煮つぶ・・・等です。

皆様のご来店お待ちしております。

 

寿都町の春の風物詩

 投稿者:太郎  投稿日:2011年 4月27日(水)11時38分8秒
編集済
  う~ん、気持ちい~朝だ!本日の気温は15℃。
やっと寿都にも「春到来!」って感じだ。
山では行者にんにく、海ではホッケ釣りが『寿都町の春の風物詩』
例年、GWには町外からも沢山の皆さんが来て寿都の自然を満喫していきます。

今日は朝から小女子を炊いている「い~匂い」も寿都の町に流れている。
昨夜は島牧で小女子が大漁だったらしい・・
う~ん、たつ巳でも早くお客さんに提供したいものだ。

先週、寿都観光協会事業の一環として弁慶岬周辺のゴミ拾いをしました。
地元の漁師さん、寿都町役場の皆さん、各関係者の皆さんとトラック1台分のゴミを回収しました。
釣り客の皆様、ゴミは持ち帰りましょうね。
ご協力の程、宜しくお願い致します。

ホッケ釣りの釣果は一人20~30本位です。
白波がたっているので注意が必要です。
ゴールデンウィーク明けまではこの状態がしばらく続きますね↓

 

東日本大震災 2

 投稿者:太郎  投稿日:2011年 4月 9日(土)02時40分55秒
編集済
  義経様、本当にこの度の震災は近代過去には例を見ない歴史に残る程の惨劇。
確かに日本国の団結力も各地のメディアを通じて感じるが・・
被災者の言葉は「良い情報はいらない」「真実の情報が欲しい」との事。
すごい理解できるような気がします。

震災からまもなく一ヶ月。慰めや励ましのお言葉は確かにありがたい・・・が
しかし、被災現場の人達にしかわからない苦しみに対して「頑張って」とは言えないのかも。
日本赤十字社等への義援金は各市町村の自治体に任せるらしいが、
死者、行方不明者の一世帯あたりに35万円程の配付金額になるらしい。
まだまだ全然義援金が足りない状態なんだな~と把握できますね。

義経様、寝れない事は非常に辛いと思いますが、
食事を少量でもしっかりとって体には充分気をつけて下さい。
不自由の無い私からの無責任な発言になるかも知れませんが・・・

ただ確実な事はこれから日に日に暖かい季節になります。
寿都も春には小女子漁が始まります。
私自身、北海道の寿都在住では義援金くらいで他に何もできませんが、
たつ巳HPで少しでも寿都情報を伝えられたらい~かな・・と思います。
これからもくだらないHPですが宜しくお願い致します。

  
 

東日本大震災

 投稿者:義経  投稿日:2011年 4月 5日(火)12時46分52秒
  東日本大震災本当に 凄かった 家が倒壊するのでは 目の前が 真っ暗
何とか免れたのですが 福島・宮城・・・津波の被害凄まじさ 車のガソリンが無いのが
痛手 買出しに出れず 自転車のみ 福島の近くに居る親戚 来る事 見舞に行く事出来ず
避難生活 寿都より暖かいとは言え 昼夜の寒さ 体力の消耗激しく 十分に寝れないのが
難儀です 早く暖かい季節になることを祈るばかりです。
 

未曾有の東日本大震災

 投稿者:太郎  投稿日:2011年 4月 5日(火)02時11分4秒
  本当に今回の地震は多数の死者、被災者を出してしまったが、
日本経済の混乱はまだまだこれからとの声も聞こえる。

たつ巳は本日定休日。今日は小樽に仕入れに行ってきた。
流通関係も含め、4月の仕入れは品不足も視野にいれて欲しいとの事だった。
東北地方の復興にはまだまだ年数が掛かりそうだが・・

お年寄りの為にも仮設住宅だけは早急に出来ればと思うが・・・
北海道の仕入れの品不足なんか被災地に比べたら何の問題でもない。
俺も僅かだが銀行からドラえもん募金をしてきた。
10兆円とも言われている各被災地の復興予算。ピンとこない程すごい金額だ。

3月は転勤・・送別会の季節です。
お世話になった皆さんが寿都から「いい日旅立ち」・・♪雪~解け~間近の~~みたいな。。
Kさんも旅立って行きました。お世話になりました~新天地でも頑張ってね~
 

火の玉 2

 投稿者:太郎  投稿日:2011年 3月 6日(日)03時17分26秒
編集済
  義経様、ありがとうございます。
う~ん・・・それにしてもその「火の玉」が気になります。
ミステリーという言葉だけでは片付けられないような気も。

幼少の頃は私も不思議な体験を沢山しました。
それが当時の自分には現実なのが間違いなかったのですが、
年を重ねる事に過去の記憶が曖昧さを増していくのも現実です。

昔の不思議な体験は「霊感が強い」という言葉で片付けられがちですが・・
う~ん・・せめて義経様が見たものが火の玉なのか、霊的なものなのか、
気になってしかたないですね。火の玉の存在は私も信じたいと思います。
寿都の思い出・・是非また聞かせて頂けると嬉しいです。

貴重なお話ありがとうございました。
少々お酒を嗜んでしまいました。ねむい・・おやすみなさい。
 

火の玉

 投稿者:義経  投稿日:2011年 3月 2日(水)19時33分19秒
  人魂は見たたことは無いのですが 火の玉は矢追の海岸で 見たことが在りますよ
本当に ミステリーな 話なのですが 時代は S30頃の夏休み 夕暮れ時
なんとなく 海岸で星空を見ていたら 突然 10~20m上を 黄色い火玉が山の方え
飛んでゆくのを目撃 提灯を持って歩いていたような時代 本当に驚きの一瞬 家に戻り
祖父に話したら 時々あるとか 信じられない話 人魂は知らないけれど 火の玉が存在
するのは 今でも信じております それから半世紀近く経った 数年前 横浜の自宅に
寿都役場より 突如電話が入り ビックリ 道路拡張の承諾でした 半世紀以上前の話
自分の土地が(美谷と聞いております) 何処にあるのか 全く不明 なぜ 電話 など分かったのでしょうか
寿都の現況など いろいろ お話が出来懐かしく思う一時を過ごした一瞬でした
生きている間に もう一度尋ねてみたい物です。。。
 

ポカポカ陽気だな~

 投稿者:太郎  投稿日:2011年 2月23日(水)13時51分53秒
編集済
  ゲゲゲの女房様、ありがとうございます。
義経様のお話は本当に次世代に引き継いでいかなくてはならない体験談だと思います。
現代が昔に比べ幸せすぎるのかもしれませんね。
海外には例外な国も多数ありますが・・・

月曜日は午後から新・ご当地グルメの試食会。
皆さんでホッケを題材に試食していただきました!!
でも、う~ん、春のスタートラインにたつのは結構厳しいのが現実。
焦ってはダメ・・・だから身の丈にあった状態でスタートできればと思う。

それにしてもここ数日間はポカポカ~と暖かい春の陽気。
あちこちの屋根からは雪解け水のポタポタ音。
3月下旬の暖かさらしいが・・・実に気持ちいい。

日本酒で壊れてしまった↓(反省・・)
日本酒で撃沈した〇〇君はこの時点でフレーム外!!おいおい汗
 

青春時代

 投稿者:ゲゲゲの女房  投稿日:2011年 2月14日(月)17時45分20秒
  義経さんの経験豊富なお話は(;0;)
本当に情景が目に浮かびそうですね
私たちも努力なしで人生を終わりたくないと痛感しました
あの世は極楽、この世は無情***ですね
 

モノクロ時代

 投稿者:太郎  投稿日:2011年 2月 7日(月)21時13分26秒
編集済
  義経様、貴重な体験談ありがとうございます。
昔とは比較できない程に恵まれているこの御時世。
私は昭和42年生まれなので義経さんに比べたらハナタレ坊主ですね(笑)

それにしてもカレーライスの具にホッケ、うさぎの肉とはビックリしました。
食べる物が無かった時代は本当に大変だった事と思います。
現代人は食べ物を「もったいない」と思えているのか。疑問ですよね・・。
私自身、仕事内容も含め再度見つめ直さなくてはいけない課題です。

提灯にろうそくで矢追まで歩いたのは昭和何年頃の事でしょうか。とても気になります。
寿都に映画館があった事は私も覚えています。幼少の頃に見に行った記憶が何となくあります。
町内から映画館は無くなってしまいましたが、その当時の映画のおじさんは今でも80代で現役です。
地方で場所を借り、移動映画館をして子供達を楽しませてくれています。
たつ巳にも食事にきてくれますよ。楽しくて優しいおじさんです。

その頃の記憶は義経さんの大切な大切な宝物だと思います。
遠い昔の記憶はモノクロの時代として残っているかも知れませんが、
弁慶岬から望む寿都湾は当時と変わらないままだと思いますよ。
是非、昔の思い出と一緒にカメラに収めていただきたいものです。

《 日記 》
2月3日は節分!豆まきをしようと思ったんだけど・・
カワイイ鬼さんが来たので豆をまきませんでした。チャンチャン。
 

夏の思い出

 投稿者:義経  投稿日:2011年 2月 2日(水)10時02分18秒
  何か お話を読み懐かしく成りました 自分は寿都に住んでは いなかったのですが
祖父が住んで居りました そんな時代 良く遊びに行ったものです 札幌からも 従兄弟が
遊びに来ていて 大変 にぎやかな 日々を過ごしたものです でも 参るのは 夜寝るのが 早く 町で暮らしていた 自分には 寝付けないものでした 食事はジャガイモ トウモロコシ 毎日続くのでいささか飽きてきますよね そんな時 祖母がカレーライスを作ってくれたものです そのカレーライス 中身は カラス貝 鮑 ホッケが入りウサギの肉
などが入っておりました 初めて食したのでビックリしましたけど それから何年間して
内地の大きな町で 海鮮カレーとして 売っておりました 値段も大変高価で 下々には
食せる物では有りません 朝は早くおき 船の巻上げイカ割き 海栗の剥き身を造り干したり 色々お手伝いしたものです とにかく食べるものが無かったのも事実です
町から大勢の孫たちがやってきて 祖父の家もえらい散財だったのでは 鉱山で思い出しました
鉱山は直接見たことは無いのですが 確か映画館が在りました 良く見に伯父と行ったものです 祖父の家は 矢追町(??)に住んでいたので 歩くと結構時間が掛かります
帰り道は真っ暗 提灯にローソクを灯し 弁慶灯台の明かりを 目標にして歩きました
中には 島牧から映画を見に来るとか帰りは如何したのでしょうか 娯楽に飢えていた時代
ある時 従兄弟と 弁慶灯台まで歩いた事が在ります バスは在ったのですが 岬の景色は
素晴らしいのですが 距離が可也在り 当時は コンビニなんて在るわけも無いし
家に着いた時は すっかりバテ 反省の一日 当時はカメラなんて もっている訳もないし思いでは頭の中に入れるしかありません モノクロの記憶の時代でした。 
 

レンタル掲示板
/38